賃貸管理のことならシノケンハーモニーへ依頼|会社の魅力を知る

スーツを着た人

副収入を作ろう

模型と作業員

仕組みを作ろう

余裕を持った生活をしたいと考えているのであれば、働かなくてもお金ができる仕組みを考える必要があります。一見すると夢のような話ですが、バブル期の預貯金は4%から5%程度の金利が付いており、1億円もあれば年間400万円から500万円を手にすることができました。しかし、今ではほとんど金利が付きません。1億円預けていても1万円か10万円程度にしかならないのです。しかし、現在でも、働かなくてもお金ができる仕組みはあります。それは投資用マンションを持つことです。投資用マンションを持てば、入居者がいる限り、毎月一定額の家賃収入が発生します。都市部の投資用マンションであれば5万円から8万円程度の家賃収入を手にすることができます。

ローンを活用しよう

投資用マンションというと空室を心配する人も少なくありません。しかし、保有する物件のエリアを間違わなければ、空室を恐れることはありません。人口が減りつつある今においても、人口流入が続いているエリアがあります。これらのエリアにある投資用マンションを選びましょう。投資用マンションには、もう1つのメリットがあります。それはローンを利用することができるということです。つまり、手元にあまりお金がなくてもお金を生む仕組みを作ることができるということです。早いうちに投資用マンションを持っておけば、ローンを組んだとしても、将来、ローンを完済した後には家賃収入がまるまる手元に残ることになります。不動産投資に興味があるのであれば、少しでも早く手を付けましょう。