賃貸管理のことならシノケンハーモニーへ依頼|会社の魅力を知る

スーツを着た人

サラリーマンに人気

集合住宅

気軽にできるようになった

マンション投資を始めとする不動産投資は最近、サラリーマンでもできる投資の一つとして人気になっています。かつてはマンション一棟を運営、管理することが主流であったため、マンションの購入費用も相当な額面になるほか、運営管理は自ら行わなければならなかったこともあり、不動産投資の敷居は極めて高いものでした。地主などある程度の試算を保持していないと始めることのできないことが多かったのです。しかし最近の不動産投資は、マンションの一室を購入するパターンが主流となっています。そしてワンルームなど単身者向けのマンションを購入するケースが主流です。そのためマンション投資はサラリーマンクラスでの収入で十分対応できるほか、管理にも手間暇がかからなくなっているのです。

空室のリスクに注意

マンション投資を気軽に始められるようになってから不動産投資を斡旋する会社が増加しています。一番のリスクは空室です。ローンを組んで購入する場合には特にこの空室に注意しなければなりません。空室は収入がゼロになることからできる限り発生させないようにすることが大事なのです。しかし立地条件や不動産の条件などによっては空室になりやすいパターンもあるのです。そのためマンション投資を行う際には事前に周囲の状況や空室のリスク状況など不動産状況を確認しておくことが大事になります。日本の場合、新築に人気があります。そのため出来る限り築年数の新しい物件を購入するなど入居者を募集しやすい環境を作っておくことが大事になります。また管理会社などの選定にも注意しなければなりません。